昨日、2018年の柔道整復師・鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師の

合格発表がありました。

2018年度の合格者はこのような結果でした。  

                2018年    2017年   2016年      2015年    

柔道整復師         3690名   4,274名  4,583名  4,503名       

あん摩
マッサージ指圧師     1315名   1,354名 1,422名 1,549名    

はり師             2667名    3,032名   3,504名    3,808名       

きゅう師           2845名    3,010名 3,550名    3,773名

                           (厚生労働省調べ)

毎年の合格者と比べると少し減少した結果ですがそれでも多いですね。

また4年前のデータになるのですが厚生労働省発表の

『平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況』

によると就業柔道整復師は全国で63,873人で登録のある整骨院の数は

全国には45,572件もの整骨院があるそうです。

現在は上記のデータより多少の前後はあるかもしれないですが、

全国にあるコンビニエンスストアの数はおよそ50,000件

といわれていますので、同じぐらい整骨院も存在していることには

間違いありません。

その関係なのか年々合格率も下がっており

2018年度に関しては、

柔道整復師                     合格率  58.4%

鍼師                             合格率  57.7%

灸師                              合格率  62.5%

あん摩マッサージ指圧師    合格率  83.0%

 

業界は異なりますが、看護師は91.0%  現役学生  96.0%

 

私の個人的な考えですが、今世の中で人手不足と言われている

職業が非常に合格率が高いような気がしてなリません。

 

特に弊社の様な鍼灸・整骨院業界では、
最近では「○○分 1980円」などの看板で低価格を売りにした

チェーン店も増えていますので集客が難しくなってきています。

価格勝負すると、利益が少ないので来院する患者さんを増加させないと

いけないのでより大変になってきます。

「価格」での競争ではなく、テクニックの価値付けをして

価格を下げない工夫や他と違うサービスを提供するなど

他院との差別化をすることが重要だと考えております。