もし、皆さまが、他人の評価を気にして
行動が止まっているとしたら、

先日は「鈍感になり、気にしない」という
お話をしましたが、

本日は、もう少し客観的に
皆さまの心を安心させる
内容をお話したいと思います。

 

その内容とは、

「批判やクレームも確率論」だということです。

 

ここで質問です。

あなたは、コインパーキングをご存知ですか?

時間単位で、一時的に車を駐車できる
サービスのことです。

 

私の知っている会社は、
1日の利用台数は、なんと数十万台。

月にすると、数百万台です。

しかし、

この会社に寄せられるクレームは、
ほぼありません。

 

もちろん、支払い間違えや機器が作動
しないなどの問い合わせはありますが、

それでも、1日当たりにすると、
10件もないのです。

 

考えてください。

数十万中10件です。

以前、コインパーキングが成長期の際には
機器も性能が低く、利用者も使い慣れていないので、
重たい内容のクレームもありましたが、

今は、機器自体がよくなり、利用者も
慣れたので、ほぼクレームなどきません。

 

逆に言うと、不特定多数を相手にするような
ビジネスであっても、批判やクレームは、
この程度しかないということです。

 

だから、皆さまが普通にビジネスを
行っていて、怖い思いをしたり、
嫌なことを言われることは、ほぼありません。

 

これは、皆さまの業界でも同じです。

もちろん、欲しくない人に強引に
押し売りしたら、その批判的な
反応率も上がりますが、

 

・商品は壁(障害)
・先に価値を与える
・ビジネスは、価値と価値の交換

などなど

 

私がいつも言っていることを
忘れなければ、皆さまが心配する
ようなことは、100%やってきません。

 

恐怖は、外的に発生するのはなく
皆さまの内面に存在します。

もし、恐怖が皆さまを襲うことがあれば、
逆に、それは、ラッキーです。

 

なぜなら、

批判もクレームも反応率だからです。

 

どんなにいい商品であっても
批判やクレームは起こります。

しかし、

それは、それだけ認知された証拠でもあるのです。

 

また、ある作家は、こう言います。

2ちゃんねるで、批判されなければ、
一流ではないと。

 

二流は、批判的な内容であっても、
話題にすら取り上げてもらえないと言います。

 

だから、

皆さまの元に、批判やクレームがやってきたら
少し有名になったなと、喜んでください。

 

そして、少し心理的な話を最後にすると、
批判を言う人は、その人自体が満たされていない時に
クレームをいいエゴを満たしているにすぎません。

 

だから、安心して行動してください。

 

あなたは、ブルドーザーです。

批判など気にせず、一気に突進しましょう。