サラリーマンの皆さんは、こんな話を聞いたことありませんか?

 

宝くじで大金を当てるとその3年後には、
7割の人が破産するという話がありますが、

これは、お金に感じる
キャパシティーが問題となります。

 

ただ、これは、宝くじを買わない
サラリーマンの皆さまにも関係することです。

 

例えば、広告費。
そして、収入。

 

どちらも、お金です。

 

そして、このお金に対する
キャパシティーを広げない限り、途中で
自分でストップをかけることになります。

 

少し簡単なテストをします。

サラリーマンの皆さんは、月50万円の広告費を
高いと感じますか?

それとも、安いと感じますか?

 

これが、キャパシティーです。

 

もちろん、業種や規模によって多少は
異なりますが、人によって、高いと思うし、
逆に、安いと感じる人もいます。

 

ただ、厳密に言うと、
業種や規模はそれほど関係ないのです。

 

なぜなら、同じ業種でも、キャパシティーが広い人は
どんどん広告を行い、どんどん収入を上げるからです。

 

ただ、そうはいってもいきなり、
50万円の広告を行うのは、怖いと思いますので、

どうしたら、徐々にでも上げて
いけるかについてお話します。

 

まずは、小さくテストして、反応率を計測するのです。

簡単に言うと、1万円かけると、
〇万円になるのかを見るということです。

 

これさえ、把握できれば、あとは、
かける金額を増やせば、入ってくる
金額も必然と増えるということです。

 

次に、お金になれるということも大切です。

 

私は以前、財布に1万円以上いれる
ことができませんでした。

なぜなら、落としたら、嫌だなと思っていたからです。

 

しかし、お金になれるために思い切って、
100万円いれて、過ごすようにしました。

 

その結果、財布にお金が入っていないと
逆に不安に感じるようになったのです。

 

これが、キャパシティーです。

このように、キャパシティーは
広げていくことができます。

 

そして、このキャパシティーが
広がらない限り、サラリーマンの皆さんは稼ぐ
ことはできません。

 

なぜなら、途中で限界値を決めてしまい
自らブレーキをかけるからです。

 

また、お金は汚いと、もしサラリーマンの皆さんが
思っているのであれば、それは幼少期に
植えつけられた「影」幻想です。

 

これも、その幻想を、取り除かない限り、
稼ぐことはできません。

 

まずは、その幻想を取り除き、お金の
キャパシティーを広げて行くことです。

 

その為には、まず、お金に対する
金額を幅を広げていくことが第一歩です。