もし、サラリーマンの皆さんが、なんとなく
エンジン全開でいけないと感じ、

更に、

これといった目標も思いつかないと
悩んでいるとしたら、

 

それは、

「情熱スイッチ」が影響しています。

 

人間は、単に儲かるだったり、
簡単だからという名目で始めたものは、
なかなか継続することができません。

 

なぜなら、そこには、
「どうしてもやりたいという情熱」が
存在しないからです。

 

もし、サラリーマンの皆さまが今行っていることに対し、
情熱が入った場合と入らず行った場合とでは、
同じことをやるにしても得る結果が違うと
容易に予測できると思います。

 

また、エンジンのかかり具合で
視野の角度や取り組む姿勢が
大きく姿を変えます。

 

そして、この情熱のスイッチを入れる
最大の目的は、別にあります。

 

それは、

 

「大量行動」です。

 

今、成功している人はスキル以前に
共通して、大量行動をしています。

 

その根源となっているのが、
今回の「情熱スイッチ」です。

 

これが、大量行動の原動力となっています。

 

しかし、このスイッチが見つかっていない人は、
途中で挫折したり、横道にそれることになります。

 

では、あなたの心の「ほっとボタン」を押す
その情熱スイッチを入れるにはどうしたらいいのか?

 

それは、

 

ただひとつ「質問」です。

 

そのスイッチは、サラリーマンの皆さまの中に
影を潜め隠れています。

だから、質問によって
引き起こすしかないのです。

 

しかも、色々な角度で。

 

少し、質問の参考例を見ていきます。

・どうして、その仕事を始めたのか
・サラリーマンの皆さまはどうなると喜びを感じ、どうなると悲しくなるのか
・その切り口は、お客様以前に自分はワクワクするものなのか
・どのような状況になったとき、自分は成長したと感じるのか
・今まで、泣けてくるくらい感動したことは何か

 

これらのことを色々な角度で、
自分に対し、質問するのです。

そうすることで、影を潜めている
情熱スイッチを発見することができます。

 

少し考えてみてください。

今の仕事をただこなす日々と
この情熱スイッチを発見し、
取り組む仕事との差を。

かなりのインパクトを感じるはずです。

 

しかし、サラリーマンの皆さまは、

探す時間が面倒だと思うかもしれません。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

 

その少しの時間を自分に投資することで、
今後のあなたの未来は大きく姿を変えます。

はじめは、1cmの差が、1年後には、
大きな差となり更に、数年後には、
追いつけないほどの差を生み出します。

 

サラリーマンの皆さまは、自分の情熱スイッチ
もう見つかっていますか?