みなさんは優秀な社員とダメ社員の
違いをご存知ですか?

少しイメージしていただくために
比較してみると、

<優秀な社員>
・指示を出さずとも動く
・積極的に行動する
・責任感がある
・リスクも考えて行動できる
・信頼構築が上手い

<ダメ社員>
・言われたことしかできない
・言われたこともできない
・責任逃れをすぐに考える
・損失まで見えていない
・信用、信頼がない

このような違いがあります。

ただ、

そもそもなぜ同じ人間にも拘らず、
これだけの差が生まれてしまうのか?

それは、「矢印の違い」です。

ようは、

優秀な社員は、雇用形態は雇われ
であっても、経営者思考だったり
起業思考を持っているのです。

一方、

時間を浪費する給料泥棒は違います。

どうせ給料は同じだし、働かずに
時間をいかに潰せないかを考えて
いるのです。

このように言うと、

「そんなことはない!
 わが社の社員は皆優秀だ」

と眉間にシワを寄せ憤るかも
しれませんが、

全員が全員、昔流行ったリゲインの
宣伝のように働くことに意欲を持って
いるでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

どの会社も2割の社員はコストと
言われるように、やる気のない
お荷物社員はどこにでもいます。

では、お荷物社員をやる気社員に
することは不可能なのか?

もちろん、「可能」です。

が、

先程、言ったように起業思考に
変える必要があります。

とは言え、

どのようにすれば、起業思考に
変えることができるのか
分からないと思いますので、

サラリーマンの方は、是非

ご質問ください。