この世の中、「分からない」と
いうことは存在しません。

誰か知っている人に聞くか調べれば、
すぐに回答を得ることができます。

 

しかし、分からないという人が多いのも事実。

 

それは、なぜか。

 

それは、

ただ、「決める」ことをしていないだけです。

 

本当は、分からないのではなく
決めていないだけなのです。

 

例えば、サラリーマンの皆さまのターゲットは誰ですか?

⇒ 分かりません。

 

そうではありません。

ただ決めればいいだけです。

 

では、サラリーマンの皆さまの強みは何だと思いますか?

⇒ うー。分かりません。

 

これも同じです。

強みなど、自分で勝手に決めて
メッセージ発信すればいいだけです。

 

そう、もしサラリーマンの皆さまが「分からない」と
言っているとしたら、それは、
本当に分からないことなのか

それとも、単に決めていないこと
だけなのかを知る必要があります。

 

この概念を知るだけでも、
まったく世界が違って見えるはずです。

 

ビジネスを手がけている以上
サラリーマンの皆さんに、分からないことなど
存在しません。

決めればいいだけです。

 

「分からない」は、思考を停止させるだけです。

今日からは、この「分からない」は、NGです。

 

自分でできないのであれば、

「誰かに任せる」

これも、ひとつの決めるという形です。

 

「聞く、任せる」

何でも解決策はあります。