サラリーマンの皆さんは、これまでに失敗をしたことありますか?

 

もし、「はい」と答えたのであれば、
それは、あなたが勝手に決めた解釈に過ぎません。

 

そして、サラリーマンの皆さんのその解釈を変えない限り、
残念ながら、サラリーマンの皆さまは成功をすることは
ほぼ不可能です。

 

なぜなら、失敗の概念は、
サラリーマンの皆さま自身が決めることだからです。

 

そして、ここからが大切なのですが、

失敗と定義付けてしまったものは、
サラリーマンの皆さまから、希望を奪ってしまいます。

 

そして、大きく成功している人のほとんどは、

「失敗など存在せず、次の課題を知るきっかけを得た」と、
こう解釈しているのです。

 

もし、失敗をサラリーマンの皆さまは過去にしたと言う
のであれば、成功者とは、そもそも、
ここの基本概念が異なります。

 

そして、この捉え方を変えない限り、
サラリーマンの皆さまは一生、この失敗という呪縛から
逃れることはできません。

 

そもそも失敗など、存在しません。
あるとすれば、サラリーマンの皆さまが勝手に決めた「幻想」です。

 

イメージ的に言えば、
サラリーマンの皆さまの中には、「成功の箱」と「失敗の箱」が存在し、
その出来事をどちらの箱に入れるかだけのことです。

 

そして、もし、サラリーマンの皆さまが失敗の箱に
入れてしまったものは、サラリーマンの皆さまに恐怖を与え
再チャレンジする勇気を奪い取ります。

 

何度も言いますが、これは解釈の問題であり、
定義付けだけのことです。

 

もし、サラリーマンの皆さまが何をやる度、
「また、失敗した」と考えながら、
新しいことにチャレンジして行くのは
難しいと思いませんか?

その考えが、心にブレーキをかけてきます。

 

しかし、サラリーマンの皆さまが失敗など存在しない
次に進むチャンスを得たと考えるとしたら、
どうでしょう。

次の施策が、待ち遠しくなるはずです。

 

そして、世の中、出来事は1つしか存在しません。

しかし、解釈は複数存在し、どう解釈するかによって
サラリーマンの皆さまの未来は変わります。