アメリカで90歳以上を対象に、ある調査が行われました。

その調査内容とは、

死を目前にし、人生を振り返ってみて、
心残りはありますか?というような質問です。

その結果、なんと90%の人が同じような回答をしたのです。

その回答とは、
「もっと冒険をしておけばよかった」と。

そう、90歳を超えて挑戦しなかった
ことに対し、後悔していたのです。

そして、こんな言葉を一度は、
耳にしたことがあると思います。

「やって失敗する後悔より、
 トライしなかった後悔の方が大きいと。」

ただ、このトライというのは人それぞれ違います。

小さい頃、なりたかった自分に挑戦できていないのか?
それとも、自分が勝手に決めている壁を越えれていないのか?
もしくは、いつかは起業というだけで、ずっと雇われでいるのか?
または、もっと大きな売上に挑戦したいけど、怖くて広告が打てないのか?

このように、人や自分の中のステージによって、
この冒険の度合いや尺度は変わります。

しかし、今回の調査結果でも分かるように
一番の後悔は、「挑戦しないこと」だったのです。

これが最大の人生の後悔というのを、
先人が教えてくれています。

そして、私が考える一番の夢は、
60歳を迎えた時に上場企業にする事です。

その他、起業した目的としては、自分自身の力を

しっかりと実感したかったからです。

サラリーマンの考え
起業し成功までの道のり

この2つを経験しておけば、どちらにも
回答することができます。

しかし、経験したことがないことは、いくら
本で読んでも机上の空論でしかありません。

そして、それを証明するかのように、
先日、経営者が興味深いことを話していました。

それは、以前行っていたビジネスで挑戦を
恐れたために3年で資本金を食いつぶしたと。

そう、ビジネスは挑戦しなければ、
せっかく貯めた資本金を食いつぶすだけです。

一番分かりやすい挑戦とは広告です。

どんなにいい商品を作ったとしても
広告しなければ誰にも気づいてもらう
ことすらできません。

もし、皆さんが10年後振り返って「パッ」と
しなかった人生だなと思いたくないのであれば、
チャレンジしてみてください。

仕組みを構築すれば、広告しても必ず回収できます。

しかし、商品に頼り、マーケティングや仕組みを
おろそかにすると広告費を無駄にするだけです。

広告費は、体力勝負ではありません。
仕組みがないものをいくら広告しても無駄になるだけです。
また、たとえ当たったとしてもそれは、ただのギャンブルです。

ただ、マーケティングや仕組み構築を
学んでいるあなたは大丈夫です。

しかし、学んでいるだけでは、何も変わりません。

もし、皆さんが死を迎える瞬間、「人生後悔なし」と
思えるような挑戦をしたければ、あとは決意するだけです。