人間は、誰しも簡単お手軽という
短期的欲求を持っています。

 

そして、営業マンの皆さまがお客様のことを本気で
救いたいと望むのであれば、あなたは
意識してそれらの言葉を使う必要があります。

 

ただ、営業マンの皆さまはそれらの表現を使うのは
不本意だと思うかもしれません。

 

しかし、

営業マンの皆さまが本気でお客様を救いたいと考える
のであれば、使わなくてはいけません。

 

それは、なぜか?

営業マンの皆さまがここで、お客様に伝えなければ
そのお客様は他社に行くだけです。

 

まだ、その他社が良い会社であれば、
営業マンの皆さまの心は痛まないでしょうが、
そのお客様が悪徳会社に騙されたら
どうでしょうか?

 

営業マンの皆さまは、直接関係ないとしても
悲しい気持ちになるはずです。

 

だから、営業マンの皆さまは多少不本意だとしても
短期的欲求を意識した単語をあえて使い契約を
とることが、そのお客様を救うことになります。

 

そして、営業の場では、文章と比べて
それらの言葉は多少強調して言ったところで
それほど印象に残らないと言う事実を知って
おく必要があります。

 

なぜなら、視覚から入る情報は、
聴覚情報に比べ印象に残りやすいからです。

 

だから、ネットでは最後は文章でセールスをするのです。
文章は、単語がダイレクトに頭に入って行きます。

 

テンプレート
メソッド
シート

など、

多くの人はこういう何もしなくても
簡単に手に入る物を求めています。

 

但し、これらの言葉は、業種によって異なるので、
どういった単語を使うと反応がとれるかは、
テストする必要があります。

 

ただ、営業マンの皆さまが自分の利益だけでなく
お客様のことを考えるのであれば、
お客様の本能にアクセスする単語を
使うことです。