突然ですが、皆さまはドラッグストアに

よく行かれますか?

 

私は自宅からスグ近くドラッグストアが

たくさんある事ということもあって

色々と買い物します。

何でも売っていて便利です。

 

今回はそのドラッグストアについて

面白い統計を見つけましたので

シェアしたいと思います。

 

と、その前にここで質問です。

 

ドラッグストアで

一番何が売れていると思いますか?

 

答えの分類としては、、、、

日用品

化粧品

医薬品

・・・

・・・

・・・

などなど

 

ちなみに私は医薬品とみせかけて

『日用品』と思っていました・・・。

 

それが実は、、、、、

 

『 食品 』

 

なんです。

 

意外と思いませんか?

 

経済産業省の調査では、

平成28年のドラッグストア販売額

5兆7,258億円のうち

1位は食品の1兆4,915億円

だそうです・・・。

 

そう言えば思い返すと、

お菓子、飲料水、カップラーメン

など、いつの間にやら商品の種類も増え、

スーパーやコンビニで買っていたものも

ドラッグストアで買う・・・

という現象が起きています。

 

他には、生鮮食品も売っている

ところがありますね・・・。

 

ここまでくると、

もしや衣料品まで売っている

ところもあるのかもしれません。

 

 

ではここで、

ドラッグストアの不思議を

一つずつ紐解いていきたいと思います。

そんなに大それたことではありませんが…汗

 

1、なぜ、食品が売れるのでしょうか?

 

それは、やはり大量仕入れにより原価が安く

販売価格も安くなっているからでしょう。

 

今やドラッグストアで買ったほうが安い

という認識にもなってきていると思います。

 

 

2、他でも安いところはあるのになぜ?

 

売り方の工夫がされています。

 

ワゴンにまとめて入っていたり、

財布の紐が開いているレジ付近にあったり、

今月のセールとか、

セットで買うと安くなる

というような売り方もしています。

 

 

3、価格が安いにも関わらず
  売上げが多いのはなぜ?

 

それは、商品点数の多さと

数が多く入っているお得パックを

売っているからでしょう。

 

 

4、利益は少ないのにメリットがあるのか?

 

確かに一つ一つは少ないですが、

ちりも積もればということと、

食品だけ買うというケースは少ないからです。

 

何を言いたいかといいますと、

他で利益が得られるということです。

 

一番利益になるのは化粧品でしょう。

 

化粧品のメーカー、ブランド力があるので

価格にプラスできます。

そして、女性がお金をかけるところです。

 

ですから、あらゆる物を買えるという

相乗効果と好循環が生まれているわけです。

 

 

まとめますと、

 

・安くで仕入れられる

・品揃えが良い

・関連商品を置いている

・利益を得られる好循環な仕組み

・薬を買うところから生活の視点で
 物を提供している

 

 

これは、治療院で物販をする中でも

参考にできて実現出来る事ではないか?と

今後課題として頑張っていきます。