皆様、ホームページをどのように考えていますか?

長いホームページは、「怪しい」と感じている方も
少なくありません。

しかし、考えて見て下さい。

皆様が、飛び込みで営業に行き、商談をする際に
挨拶もそこそこで、商品の話をいきなりするでしょうか?

「そんな人いるはずないでしょ」と思いますよね。

出会い方も

飛び込みなのか?
紹介なのか?

そして、

何を扱っているか知っている人なのか?
知らない人なのか?

また、

お客様の悩みを把握しているのか?
していないのか?

その方は、

その悩み解決を希望しているのか?
ただのヒヤリングで行くのか?

営業で考えるとこのように
様々な項目が、どんどん出てきます。

当然、お客様の状態により、話す内容だけでなく、
話しの入口も変わるのは、当然です。

これは、ホームページでも同じです。

どんな、流入経路で来たのかによって、
タイトルも内容もまったく異なります。

購入する気満々のキーワードであれば、
買う事を前提でやってくるので、

アマゾンのような短いページに表現し、
写真・価格・用途・仕様だけでも売れます。

しかし、

皆様は、この1週間でネットで
何か商品を買いましたか?

おそらく買っていない人が大半です。

とういことは、

購入する気満々のキーワードは、需要が小さいと言うことです。

ただ、購入率は極めて高い。

そして、皆さんが扱う商品は
誰もが分かるコモディティー化した商品でしょうか?

違いますよね。

そうなると、ネットで購入を前提でやってこないのです。

どうでしょうか?

先ほどの営業と同じで、買う気がなく、
あなたの扱う商品も分からない
そんな人に対して、短いページで売れるはずありません。

最近は、大手もこの事実に気づき
長いページを作成するようになりました。

長いページが怪しいのではなく
怪しく見せているから、怪しく感じるのです。

考えて見て下さい。開いた瞬間に
そのページが長いか短いかどうかは、
スクロールしてみなければ分からないことです。

そう、扱う商品をどう見せるかによって
ページの構成は大きく変わります。

そのベースとなる考えは、すべてはキーワードによります。
購入する気、前提の人に長いページは逆にマイナスです。

皆さんの商品を探している人は、どんなキーワードで、
皆さんと接触するかご存知ですか?

すべては、そのキーワードによって
何を入口として、次に何をメッセージとして発し、
どの順番で見せて行けばいいかが分かるはずです。

だから、ホームページが長い短いで
判断するのは意味がありません。

皆さんがすることは、お客様がどんな状態で
何に興味関心を持つかをもっと知ることです。

その答えを、ホームページで表現すれば、
反応を取ることができます。

なので、弊社においても

Web担当を配置し、自社の長いホームページを作成しているわけです。