サラリーマンの営業マンの多くの人は、ビジネスの進め方を
間違えています。

しかも、

それが初めから間違えていることに
すら気付けていない人が大勢います。

だから、

自分ではいい商品を扱っているにも拘らず

「商品がまったく売れない」

というジレンマを抱える羽目となるのです。

しかし、これは商品が悪いわけではなく
そもそものビジネスの進め方を間違ている
ということです。

ビジネスには、やり方だけでなく
進め方というものがあるのです。

しかも、その進め方というのは、
商品ができる前からセールスは
開始されているということです。

このように言うと、

「それ聞いたことあります。
 売ってから作れってやつですね」

と言う人がいますが、

確かに売ってから作るとその分
リスクを軽減させることはできます。

が、

それでは、片手落ちです。

なぜなら、

その後、その商品がどれだけ売れ
爆発するかが未知数だからです。

だから、片手落ちなのです。

では、そのもう片方にある
要素とは何か?

それは、・・・

と言いたいところですが、

断片的に物事を話しても伝わる
ことはないので、

すでにビジネスを持っている人であれば、

新商品の開発や新事業の進め方を
学んでいただくことができます。

また機会があるときにご説明いたします。