最近、5月から6月にかけて、真夏の様に暑い日が続いていると思いますが、

そんな中で気をつけないといけないのが

「熱中症」です。

 

日頃、体力自慢だった人が、
アッサリ、亡くなってしまうなんて事も

私のみじかな物流会社でも作業中に「熱中症」になり

そのまま、お亡くなりになった方もいらっしゃるほど

危険なものです。

そんな悲しい出来事も
現実にあります。

「ちょっと体調が悪いだけ」

と思っている間に
症状が進行してしまう事もあるのです。

予防するには、とにかく

危険な状態にならないように、
気をつけることですので、

その内容をピックアップしてみました。

<1>のどが渇いた、と思った時は、
すでにかなりの水分不足になっています。
定期的に内臓の負担にならない程度の
水分補給をしましょう。

<2>発汗によって失った水分を補給する時は、
水だけではなく塩分も一緒に取りましょう。
意外に水だけでは体内に吸収されにくいものです。
また、水分を大量にとると、塩分が希釈されて
水中毒状態になってしまうこともあります。
スポーツドリンクなどは、塩分、糖分も
一緒にとれるので理想的な飲み物です。

<3>からだに疲れをためないように
睡眠を充分にとるようにしましょう。

<4>風邪や睡眠不足で激しい運動や
暑いさなかの外出は避けましょう。
 

<5>仕事や運動をするときは適度な休息をとって
体温を下げるようにしましょう。
体感温度を下げるためには直射日光を避け日蔭で休む、
ゆったりとした服装で痛風をよくする、
冷たいタオルで首やわきの下を冷やす、などが有効です。

<6>体内の機能が発育不全の子供や高齢者は、
実感するのが遅いので、
周りの人が気を付けて水分補給をしてあげましょう。

それでも、
もし、熱中症になってしまったら

重症化するまえに
自分でできる応急処置だけでも覚えておきましょう。

●涼しい木陰やクーラーのきいた室内に移動しましょう。
●スポーツドリンクなどを少しずつ、何回にも分けて飲みましょう。
●衣服をゆるめましょう。
●首、わきの下、足の付け根などを集中的に冷やしましょう。
●顔色が青い時は、心臓より下を、赤い時は、上を上げて休ませましょう。

 

これからが、夏本番です。

ご参考にしていただければ、幸いです。