皆さまは、これまでマーケティングを学び、
最低限の基礎知識は、すでに付いてきたと思います。

 

ただ、「知っている・やったことある・できる」

これは、似ているようでまったく異なります。

 

考えてください。

皆さまが、ただ、練習のために書いた文章と
1通のメールを送るだけで30万円かかる号外広告とでは、

皆さまの真剣度合いもまったく
違ったものとなるはずです。

 

マウスに人差し指を起き「送信」ボタンを、
ただ、カッチっと押すだけで、
30万円の広告費の行方が決まるのです。

 

これは、紙媒体でも同じことです。

コミュニティー詩に出稿した後は、
一瞬でその広告の行方が決まります。

 

ただ、この広告費というのは、
お客様を集める以外にも
見えない役目を果たしています。

 

例えば、

3万円かけた広告費
30万円かけた広告費
300万円かけた広告費

出稿直前を見たらどれも一緒です。

 

しかし、作る過程で
皆さまは3万円の広告費と比べて、

300万円かけるとしたら、
調査の綿密度合いや構成など
何度も確認するのではないでしょうか。

本当に、これで最終決定して大丈夫なのかと。

 

そう、

「リスクの大きさ=真剣度合い=調査にかける時間」

これらすべてに比例するということです。

 

もし、皆さまが毎日、ただ勉強だけして
具体的な行動を行っていないとしたら、
成長した気になっている可能性があります。

 

・勉強だけして、何もやったことがない人
・勉強し、無料媒体で試したことある人
・実際に1万円の広告をトライした人
・10万円の広告を行った人
・100万円の広告を行った人

 

同じことを勉強しても、
何もやったことない人と100万円の広告を
やったことある人とでは、100倍以上の
レベルの違いとなります。

 

勉強したことを本当にスキルとして
身に付いたかどうかを知るには、
実践するしかありません。

 

学んだら、すぐにやってみる。

先延ばしにすればするほど、
せっかく学んだ知識も、忘れてしまいます。

 

そして、

スキルや知識は、使わずに持っているだけでは、
エンジンと同じで、いずれかからなくなります。

しかし、

常にスイッチを入れて、エンジンを回すことで
エンジンの調子はよくなり、いつでも自由に
移動することができます。