鍼灸・整骨院事業部と世の中の取り囲む

状況での事ですが、

 

街中を見渡すと
「整体60分2980円」
という様な看板が目立っています。

これは大手のグループ整体院が
取り入れている方法で、
時間に対して料金をいただく方法です。

鍼灸・整骨院事業部が営業している店舗の近くにも
もちろんあります。

しかしながら、
身体を治すための治療院であれば、

私達鍼灸・整骨院事業部は、

時間ではなく、
効果・結果に対して、
料金をいただくのが通常です。

周りを見ていただくと
当たり前の様に分かりますが…

歯医者は施術時間に対しての
料金ではありません。

クリニックに関しても同様で
施術時間に対しての料金では
ありません。

1回あたりの施術(効果・結果)
に対しての料金になっています。

よって、
私達、鍼灸・整骨院事業部も効果を売りに
しているのであれば、

時間に対して料金がいくら
というのは、
見当違いということです。

==============
 時短は売上が上がる!
==============

1回あたりの効果に対して
料金をいただくというのであれば
特に時間を気にする必要はないです。

もっと言うのであれば、
病院の手術が良い例で
先生の腕が良ければ
手術時間は短いです!

よって、時間が短い方が
料金が高くて当たり前!
という結論になります。

そりゃそうですよね。

だから腕を磨いて、
施術効果が高い先生は
施術時間が短く、
料金は高いのです。

それから”時間単価”という
考え方があります。

これは、1時間いくらと
単価を考えるのではなく、
1分いくらと単価を考える方法です。

例えば、
60分で6,000円であれば
1分当たりの単価は100円。

これを40分で6,000円にすると、
1分当たりの単価は150円。

結果的に、時短をすると、
同じ料金であっても
値上げと同じ効果があります。

==============
 時短における注意点
==============

しかし、腕が良いからといって
何でもかんでも「時短」をすれば
良いってことではありません。

中には、
施術に15分も掛からない
という強者もいます。

確かに時短は良いと思います。

効果を出す
ということに関しては、
問題はありません。

ただ、
患者さんが思うことは、

「それでいいのか?」

ということです。

鍼灸・整骨院事業部のビジネスは
患者さんの目の前で行う
対面のビジネスです。

そのため、患者さんとの
コミュニケーションが、
大前提となります。

つまり、
私が言いたいのは…

時短をした結果、患者さんとの
コミュニケーションの時間も
短くなってしまうことで、
作業的になってしまう

ということです。

これでは、
患者さんはあなたの
「ファン」にはなりません。

鍼灸・整骨院事業部の場合、
既存患者さんから支えられて
なんぼの世界です。

既存患者さんからの売上があって
安定した経営ができます。

患者さんも「人」ですので、

「何に対して
 満足を得ているか?」

これを考えてみて下さい。

従業員の皆さまは常連となっているお店に
どんな目的で行っていますか?

商品?サービス?

おそらく心地良さでは
ないでしょうか?

患者さんとの
コミュニケーションを
短くしてしまうと、

患者さんの満足度は
下がりやすい傾向にあることを
ぜひ、覚えておいていただきたい
と思う次第なのです。