皆さまは、何かを検索する際に
Yahoo!を使いますか?
それとも、Googleですか?

私は、Yahoo!ですが・・・

これは、用途により異なるかも
しれませんが、

2011年からYahoo! JAPANは
憎っくきライバルでもあったGoogleに
魂を売り、検索エンジンの根幹でもある
心臓部を提供してもらうことにしました。

このようにいうと、

「Yahoo!って検索エンジンが
 主力の商品じゃないの?」

と思う人もいるかもしれません。

が、

このように感じている間は、
ブレイクすることはできません。

なぜなら、

お客様にとっては、どこのエンジンを
使おうが正直どうでもよく

きちんとした結果を出してくれるか
どうかの方が重要だということです。

しかも、ブレイクできない人というのは
自分は、◯◯屋さんというように業種を
固定しがちですが、

今回のYahoo!を見ても分かるように
商品は検索エンジンだけではないと
いうことです。

その証拠に、

このYahoo!が身売りした翌年には
売り上げを10%以上も伸ばし

検索エンジンだけが商品ではなかった
ことを証明しました。

では一体何がYahoo!の商品なのか

それは、「コンテンツ」です。

・Yahoo!知恵袋
・Yahoo!ニュース
・Yahoo!オークション

など様々なサービスを提供していますが
皆さまも同じです。

私は、鍼灸・整骨院を経営しております。

しかし、お客様によっての弊社の
商品というのは

「施術だけではない」のです。

・接客対応
・居心地
・会話
・雰囲気
・サービスして出るお茶

などすべてが含まれて弊社の
価値となっているのです。

だから、弊社が施術だけを売ればいい
と考えている間は、ブレイクすることは
できず、

最悪、価格の安い競合他社にお客を
奪われる羽目となるのです。

しかし、

弊社の中で価格以上の価値を
お客様に提供することができていれば、

競合がどれだけ値下げしサービスを
向上させてこようと、

弊社は一切の影響を与えず
1人勝ちすることができるように
なります。

そんな経営方針を貫きたいです。