皆さま

こんにちは

弊社がメインで行っております鍼灸・整骨院事業の

現状と今後の予測です。

 

整骨院で使用出来る保険ですが、

統計を見ると
柔道整復療養費は平成24年から減少し始め昨年対比を割ってきています。

施術所1店舗あたりの療養費は2009年1,155万円から2013年839万円と5年で316万円減少したことになります。

これは、単純に1店舗あたりの年間売上が自然的に下がっているとっても過言ではない状況です。

また、鍼灸・整骨院の店舗数ですが
平成21年には約3.4万件でしたが、平成26年には約4.5万件まで増え、
今もなお増え続けています。コンビニよりも多くなり、飽和状態となっています。

これは競争がより激化し、廃業数が今後増加する事を意味します。
整骨院業界サイクルは成熟期を終え、衰退期に突入するかたちになります。

衰退期は、どの業界も同様の事が言えますが、時代に適応し、競争力を強化する企業のみが生き残る傾向にあります。

私は、サラリーマン時代に流通業界にいましたので

この流れを肌で感じております。

なので、今後もチャンスだと思い、出店計画を立てております。

この出店計画に伴うのが、施術者の確保です。
現在全国には約6.8万人の柔道整復師がいらっしゃいますが、
衰退期に突入し、業界が二極化(競争に勝てる院と勝てない院)の速度が上がっている中、
競争力を付け、収益性を高める為には人財が必要になります。
競争が激化する中、新卒求人倍率は約11.2倍という非常に高い倍率で推移しており、
これは今後さらに悪化していくと思われます。

 

ルーツアイランズ株式会社

鍼灸・整骨院事業部では、2018年度に向けて

更に採用を強化して、大きく飛躍して行きます。

 

引き続きのご支援

よろしくお願い申し上げます。