人は、1日経つと74%忘れる
生き物です。

これはエビングハウスの忘却曲線
というものが証明していますが、

・20分後に42%
・1時間後に56%
・1日後に74%
・1週間後77%
・1ケ月後79%

忘れてしまうのです。

ということは、これまで学んで
きたことの大半の忘れている
可能性もあります。

ただ、

その中でも覚えているものも
沢山あるはずです。

では、この忘れたものと覚えた
ものの違いとは一体何か?

それは、

繰り返してきたものは覚える
ことができるということです。

これは、当たり前ですが、
忘れるものを行動に移し
実行することはできません。

そうです。

成果を出したければ、行動を
意識する前に脳に情報を定着
させなければいけないのです。

それが、繰り返すということです。

もちろん、自分で管理できる人しか
成功することはできません。

なぜなら、

成功して来たこのいい習慣がなくなってしまったら
皆さまは、また外からくる胡散臭い
儲け話に翻弄され、人生の路線を
踏み外す可能性すらあるのです。

ただこのように言うと、

「私は大丈夫です。
 儲け話にフラフラなどしません」

という人がたまにいますが、
そういう人こそ危険です。

なぜなら、

皆さまの理性など赤子の手と同じで
詐欺師たちは短期的欲求を刺激する
オファーを仕掛けてくるからです。

だから、

これはいいなと思うものに出会ったら
手放してはいけないのです。

なぜなら、

習慣化こそ成功の最大の秘訣であり
人生を向上させる最高のスパイス
でもあるからです。

だから、人は進化する生き物ではあるのですが、
同時に1年目には早くて気づくことの
できない情報というものもあります。

それを2年目で更に進化させる事をしないといけないのです。