世の中、この文章を使って
大きな売上を上げる人もいるのですが、

ただ、このコピーライティングという
言葉だけを意識してしまうと
本末転倒になることもあります。

 

そして、今からお話することを
注意しておかないと、いくら強烈な
コピーを書いたとしても効果がゼロに
なってしまう可能性があります。

 

では、その注意しなければいけない点とは?

 

それは、

「読みやすさ」です。

 

もう少し詳しく言うと、

構成や流れ、繋ぎなどです。

 

そして、文字の大きさや1行あたりの
文字数や改行など空間スペースなども
大きく影響を与えます。

 

しかし、意外と、この始めの部分を
見落とし文章を書いてしまう人が多いのです。

 

そして、上手くいかない人の多くは、
内容以前に、読み手にストレスを
感じさせてしまっています。

このストレスが「最大の敵」となるのです。

 

なぜなら、

読者は、読む読まないを
「いつでも選択できる」状態にあるからです。

 

そう、どんなに素晴らしい内容が
そこには書いてあったとしても、
パッと見た瞬間、大量の文字列が並んでいたら
「これ、読めない」となってしまいます。

 

また、文章の書き方についても、
意識しておかなければいけないことがあります。

 

ただ、これはターゲットにより異なるのですが、
多くの場合は、論文のような堅苦しい文章よりは、
話し言葉の方が、日常、慣れ親しんでいるので
違和感を与えることはありません。

 

ここで大切なことは、読み手の中に、
すでにある「言葉、単語、言い回し」を
知ることです。

 

ですので、最強のテクニックを学んだ
としても、見せ方を間違えるだけで
印象だけでなく効果も落としてしまうので、
今回のことを意識してください。

 

あなたの素晴らしいメッセージも
伝わって始めて効果を発揮すること
を忘れないでください。